Category

Update Post

2017/12/21
ジョイントマットの知られざる機能を更新致しました。
2017/12/21
ジョイントマットのストロングポイントを更新致しました。
2017/12/21
ジョイントマットは通販でじっくりチョイスを更新致しました。
2017/12/07
ジョイントマットを買うならココに注目!を更新致しました。

おすすめしたいジョイントマット

小さな子どもがいると、食事中のこぼしの拭き取り、転んでしまったとき頭を打ったり、物を投げたり等家のなかにいても心配は耐えませんよね。何かいい対策できるものはないかしら?と探しているママにジョイントマットおすすめします。ですが、部屋にこだわりのあるママだと、ジョイントマットは…と悩んだ方もおられるのではないですか。
でも、最近のジョイントマットは、沢山の種類があり、白の木目調になったものから、色もピンクやきみどり、ブルー、モカ等様々なものがあります。子供部屋だと、ピンクやきみどりとベージュを交互に敷き詰めるとカラフルで可愛い子供部屋に大変身。
リビングだと、モカやブラウンとベージュ、木目調等を敷き詰めるとそんなに子供っぽくなかったり、部屋のイメージを壊すことも少なくおすすめです。そして、サイズもワンサイズではないんです。大判サイズから普通サイズまで様々、中でもおすすめしたいのは大判サイズ!ジョイントマットの難点なのですが、繋ぎ目からどうしてもごみやほこりが入ってしまうのです。
大判サイズだと、取り外して床やジョイントマットを掃除するのが普通サイズに比べて比較的楽です。6畳用分や3畳分等販売してあるので、まずは試しに6畳分購入してみるといいかもしれないですね。
ご自分の好きな色を敷き詰めて、子供とママが快適に暮らせる素敵なお部屋作りに役立ててほしいです。

赤ちゃんを守る!ジョイントマットの選び方

小さな赤ちゃんは常に危険と隣り合わせです。家の外はもちろんのこと、家の中ですら危険が一杯ですよね。そこでご家庭で、赤ちゃんを危険から守るためにとても効果が高いのが「ジョイントマット」です。ジョイントマットは赤ちゃんが転倒した時に怪我から守ってくれるアイテムです。そこで、赤ちゃんを守るジョイントマットの選び方をご紹介します。
ジョイントマットを選ぶ時は、まず厚みを気にしましょう。あまり薄すぎるジョイントマットは、赤ちゃんが転倒をした時に衝撃を吸収しきれません。赤ちゃんは重い頭から転倒をする事が多く、頭を床に打つこともあります。衝撃を十分吸収して怪我をさせないためにも、ジョイントマットは厚みのあるものを選びましょう。
また、厚みのあるジョイントマットを敷くと段差が生まれます。せっかくマットを敷いてもその段差につまづいて転倒してしまうと本末転倒です。そこでできるだけエッジ加工をしているものを選びましょう。
そしてジョイントマットの表面が滑りにくい加工がされているものを選びましょう。ツルツルのマットは汚れもふき取りやすそうですが、その分滑りやすくなります。安全性を第一に考えると、表面がしっかりと加工されているものを選びたいですね。

Head Line

ジョイントマットの知られざる機能

赤ちゃんの安全と使い易いジョイントマット ベビー用品の専門店へ行くと「ジョイントマット」を見かけたことがあると思います。赤ちゃんが、お座りできたり歩き始める頃になると転倒による怪我が心配になってきますよね。「でも、デザインが子供部屋にしか使えないかも…」って思っているママさん! あるんです!…

More...

ジョイントマットのストロングポイント

ジョイントマットを利用するメリット 赤ちゃんが産まれるとなったら様々なものを準備しないといけません。中にはあったら便利なものというものもあるのですが、ほんとにいるのか迷ってしまう人もいると思います。ジョイントマットもそれに当てはまると思うので、ここではジョイントマットを利用するメリットについて…

More...

ジョイントマットは通販でじっくりチョイス

思い通りのジョイントマットを探すなら通販がおすすめ 最近はフローリングの部屋が多くなりましたが、多くのご家庭ではカーペットやラグなどを利用しています。その理由は保温効果や防音効果、また床のダメージを防ぐために利用しています。特にリビングなどはゆったりくつろげるスペースが欲しいので、敷物があると…

More...

ジョイントマットを買うならココに注目!

おすすめしたいジョイントマット 小さな子どもがいると、食事中のこぼしの拭き取り、転んでしまったとき頭を打ったり、物を投げたり等家のなかにいても心配は耐えませんよね。何かいい対策できるものはないかしら?と探しているママにジョイントマットおすすめします。ですが、部屋にこだわりのあるママだと、ジョイ…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加